ネットでは書かれない業界の真実

外壁塗装は専門性が高い知識や技術力が必要であるにもかかわらず、事業をはじめるのに特別な資格、経験、技術が求められない。その結果、知識や技術が不十分な業者に工事を依頼してしまうと、業者に悪気がなくとも不満が残る結果になったり、資格が要らない事を利用し、近年では未経験者を作業員として起用する会社が増えています。

2019年の塗装のトラブル相談件数は年間1,280件以上

訪問販売業者が増えるにあたり年々増加傾向にあると言われています。そこで、これからは消費者側がより正しい判断をする為、勉強をする必要がある時代なのです。

塗装を失敗した人の声

「当時は賢い買い物と思っていたのに」

2003年に、姫路市で現在も存在する訪問会社に、弊社の商品を使えば、壁の寿命は30年以上になり、二度と塗装工事をしなくても良くなると言われ契約。

材料は、セラミック系の砂状の塗料であった。

当時は200万円程の契約金額だったにもかかわらず、塗装の悩みが解決できるならば。とプラスに考えていた。しかし10年後、以前コーキングがあった目地材にヒビが発生。コケも同時に大量に発生し、素人が見ても30年どころか、今すぐにでも処置が必要なレベルとなっていた。

当時の記憶を辿れば、パネルサンプルを用いり曲げたりしても割れない等の実演があった。これも信用させる為の演出だったなんて。賢い買い物かと思っていたが、勉強せずに買った自分が情けないです。


「お金をドブに捨てた思いです」

2008年頃にTVでCMしている会社が訪問。

「地域で実績を作る為のモデルにならせて欲しい」と言われ丁度どこかに依頼しようと考えていた時期とも重なりお願いをする事にしました。

当時は外壁塗装の事は何も理解しておらず、150万円程でなんとかなるなら。程度にしか考えていませんでした。

しかし塗装後年数が経過する度に日当たりの良い面の塗料が剥がれてきました。完全な手抜き作業で工事が終えていたのです。

会社に問い合わせをしてみたものの、劣化の一言で終わり、安くしたのに、文句ですか?など暴言の始末。

まさか自分がこんな被害に遭うなんて。お金をドブに捨てた気分です。


「知識があれば、こんな業者を選んでいなかった」

2010年頃に神戸市の会社に塗装工事を依頼しました。良い商品が安くなると言われ、見積もり等は一式計算の内容のまま契約。

仕事が忙しかった為不在のまま工事を進めていましたが、ある日予定よりも早く帰宅した際、屋根塗装の下塗工程の予定日に、仕上げ材を塗装している事を発見。不在を狙い手抜き工事を行っていた。

また派遣されている職人は、半分素人集団みたいで、塗装内容や進め方もめちゃくちゃでした。

当時の営業はミスをカバーする為、浸透する下塗材を上から塗装する等で丸く収まりましたが、現在。施工ミスの塗料面全ての塗装が剥がれ、屋根のやりかえが必要なレベルです。

下請けに任せる業者は二度と選びたく無いと痛感しました。


塗装を失敗した人の共通点は”無知

塗装の失敗は消費者の”無知”から引き起こります。大切なマイホームだから、信頼できる会社に相談したい!失敗したくない!と強く思う方は、業者を見抜く為、誤った選択をしない為に”知識”が必要となってくるのです。

しかし、解っていても「どうやって勉強したら良いのか?」と日常から縁の無い外壁塗装の勉強をする事は簡単ではありません。

そこで、株式会社フナモコーポレーションは長年の経験から、悪質な業者のパターンや、選択が難しい塗装業者選びをポイントごとに分析し、一冊の冊子としてまとめてみました。

この一冊を読めば”知識”が身につき、より正しい業者選びの役に立つ事ができるのです。

「塗装の悩みを解決する知恵」

著書 / 塗装の悩みを解決する知恵

この冊子の内容は?

1.契約後に追加料金がかかる業者の特徴を知る事ができる
2.子育て世代にお勧めの塗装のタイミングを知る事ができる
3.失敗する人が選ぶ業者の共通点がわかる
4.信頼できる一社を見抜くポイントがわかる
5.業者が知られたく無い◯◯の真実もわかります

16項目32ページの大容量で、損をしたくない人には是非読んで欲しい内容です。

冊子を無料で提供致します

この小冊子は大切なマイホームを信頼できる会社に頼みたい。と強く思う方の為に作っています。一人でも多くの方々のお役に立てれますよう、完全無料のメール便にて対応させて頂きます。この小冊子を活用頂き、より良い業者選びができますよう心から願っております。

完全無料
対人営業なしのメール便送信

もちろん、ご商談の方や、見積もり依頼の方にも無料でお渡ししています。