タイホーホーム物件の悩み

お客様の悩み

今回は、築14年あたりからコーキングの劣化にお悩みを抱えた、お客様の物件を担当させてもらいました。姫路エリアのタイホーホームの物件となります。コーキングの他に、ベランダなどの湿気の多い環境下で起こるカビの繁殖や、それが起因して起こる、サイディングボードの劣化等、様々な問題を抱えている状態でした。

お悩み写真

コーキングの劣化写真
S様の劣化写真
ベランダのカビやコケの状態

外壁調査の結果

コーキングは硬くなり、溝から密着していない状態でした。このままでは、目地(溝)からパネルの裏側を伝って浸水につながる事は容易に想像がつきます。またパネル材の表面劣化から苔が定着しすい状態になっていました。苔はパネルの表面を痛めつけ、より悪い状態へ繋がります。

こんな工事しました

1回目の塗装カチオンシーラー
2回目の塗装パーフェクトトップ
3回目の塗装パーフェクトトップ

今回は洗浄後の状態や、各面の劣化具合から、壁のチョーキングレベルに適したカチオン系シーラー材で一度塗装を行い、パーフェクトトップで防水機能の向上をおこなっております。コーキングは目地、窓を撤去し、古いコーキングを全て新しいコーキングに交換する、防水作業を行い、15年先の未来を想定したご提案をしています。

STEP
コーキング工事
コーキングは全て撤去を行い新設しています
STEP
コーキング工事2

コーキングは目地だけでなく、破風板などのコーキングも新調しています。実はパネル住宅の物件で雨漏りが早期に起こりうる場所は、この破風板のコーキングとなります。

STEP
中塗り作業
弊社では、塗装作業は全てローラーの手作業で行って行きます
STEP
中塗り作業2
ブロック調のパネル材は塗料流れが発生するため、高等な技術が必要となります

透明なカチオンシーラー材を塗装した後、他のパネル材同様、中塗り、上塗りを重ね、手作業で防水層を強化していきます。

STEP
完成

防水層を三層作り込むことで、苔が多い壁や、表面が劣化している壁も、新品の様に綺麗に仕上げることができます。また、ブロック調の壁は凹凸がそのまま生かされるため、艶感に品をもたらし、高級に感じる場合もございます。

まとめ

築14年以上経過し、様々な症状が出ている壁も、しっかりと防水層を作り込めば、新品な状態を作り込むことができます。また、コーキングも全て新しくすることで、15年先の未来をお約束できるポイントにもなります。ぜひあなたのお家も参考にしてみてください。

お家の方の感想を読む


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次