▶︎ 塗装後7年4ヶ月の物件

毎年2月は1年に一度の点検月となります!

姫路市飾磨区物件の外壁点検シート
塗装年数(2021年時点7年4ヶ月
施工材料4Fフッ素
付帯部材料ニューウレタンネクスト / ウレタン
コーキングノンブリード変成シリコン

研究ノート

外壁
各面の艶感80%
塗装後の塗膜剥離なし
コケの発生0%
チョーキングの再発なし
1mm幅以上のヒビ割れなし
付帯部
各付帯部の艶状態50%
破損、変形なし
シーリング
表層亀裂あり
剥離亀裂なし
まとめ

外壁には、当時の最高品4Fフッ素を採用した物件。7年経った現在でも、艶の衰えはほぼ無く、現場80%以上を維持。

外壁面において艶の有無は、耐久性を表すに等しい。フッ素の耐久年数は20年程度と非常に長い為、7年の状況から考えるに、想定通りの結果とも言える。

付帯部は、当時ウレタンベース材だった為、艶残りは50%程である。現在は高品質の最高シリコン系を仕様しているが、ウレタンとの耐久性の違いは明確である。

コーキングは、やはりフッ素との硬度差により、表層亀裂が数カ所に発生している。しかしどれも剥離亀裂等に至ってはいない。弾力も残っており、今後の状態観測が楽しみである。

外観写真

外観1
外観2

外壁の状態

塗装後7年の艶感
表層亀裂部

お客様からのコメント

当時フッ素を選んだので、その耐久性の高さは十分伝わっております。現在に至るまで、外壁が気になる等無く生活しました。これから先も安心しています。