外壁塗装の闇 : 10年保証


avatar
この闇記事は2分で読めます。

私は日々の営業の中で、沢山のお客様の声を聞いてきました。その中でも極めて悪質な業者の手口を多くの方に知ってもらおうと、実話を元にこの闇ブログを書いています。

今回は今から4年前に入手した闇ファイルを暴露したいと思います。

◆ 2015年4月
兵庫県加古川市のT様からポータブルサイトを通じて見積りのご依頼があった。競合4社の中から1社を選びたいとのお客様のご依頼に弊社も対応をさせて頂き、同年5月に弊社でご契約を頂く。今でもT様とはお付き合いもあり、いつも同町を訪問の際はご挨拶をさせて頂く。

今回のテーマは、その相見積もりの際、仲良くなったT様に頂いた他店の資料を公開したいと思う。

闇ファイル
闇ファイル : 4年前に入手した他店の見積り。

一見、見積書自体は、まともに見えるこの会社、しかし、この会社の手口は、現在だから言える矛盾がある。全体では見えにくい為局所をアップしてみると。


闇ファイル2 : 問題部分のアップ

そこには、赤字で10年保証と記載されている。当時T様もこの10年保証が他店よりも優れていると判断し、契約寸前まで商談を進めていた。私は、この記事をなぜ今書いたのか。それは単に、この見積りが問題である訳では無い。

この会社が2015年〜2018年の3年間の間に、会社を一度潰し、会社名を変えているからだ。

つまり、当時契約をしていたとなれば、当然保証は無くなっている。

◆ 10年保証の闇
消費者からすれば、外壁金額以外にサービスが充実していれば業者を選びやすくなる。
この会社の場合

□ 満足いかなければ、100%返金
□ 10年保証

の2つが、独自のサービス内容となる。
保証が10年と5年を天秤にかけた場合、10年のがお得だと思うのが普通である。

こうして、比較の状況で金額以外に他店との差別化を測る為、保証で顧客を釣ろうとしているのだ。実際T様は契約には至らなかったものの、この会社の被害に合われた方は、非常に多かったと思う。

保証は長いのに越した事は無い、しかし長期すぎる保証に関しては、顧客を釣る為のツールとして考えている業者も多い為、気を付けた方が良い。また、もし仮に保証を望むのなら5年が最適かと思う。

なぜなら塗料メーカーの保証は5年であり、3年〜5年の間に製品トラブルが無い場合は規定値の塗布量が塗られている、下塗りの密着に問題ない。と試験結果で分かっており、それ以上の保証は無意味だと判断しているからだ。

弊社は、保証期間を5年としているのも、この理由だ。

長期保証の闇惑わされてはいけません。ククククククッ。

avatar
次回の闇はアナタのお家かも。。

PAGE TOP