外壁塗装の闇 / 一式の闇


avatar
この闇記事は2分で読めます。

私は日々の営業の中で、沢山のお客様の声を聞いてきました。その中でも極めて悪質な外壁業者の被害に合われた方、合いかけた方に取材を行い、実話を元にこの闇ブログを書いています。

今回は、姫路市に在住のO様に取材を行い、3年前の外壁塗装工事後に被害に合われた話をまとめています。

◆ 2015年4月
とある個人塗装店に外壁塗装を依頼。

【 依頼前 】
同時期に一度他店で相見積もりを行う。二つの見積もりを比べ全体に安い個人塗装店を選んだ。

もちろん、個人店なので契約はなし。

◆ 2015年5月。
工事が無事完了。

◆ 2018年5月
問題を見つける。

目地のコーキング部分に亀裂があるのを発見。特定を防ぐ為一部の写真のみ公開。

◆ 2018年5月
すぐに業者を呼び、これが普通の事なのかを問う。業者の返答は住宅の構造や、立地により痛みが変わるので問題ない。

治す気は一切なく、むしろ工事をするならお金が必要だと言う。

◆ 2018年8月
近くで工事をしていた弊社の職人にO様が声を掛ける。担当が確認を行うが契約が無い状況なので、どうしようも出来ない事を告げる。念の為当時の見積もりを見せてもらう。


闇ファイル : 業者特定を防ぐ為、モザイク処理

見積もりのコーキング欄には、シール増し打ち一式5万円と記載。コーキングは本来、目地 : 撤去後打ち替え、窓 : 撤去or増し打ちが基本となり、普通に工事を行えば1件20万円以上する工事であります。当時の記憶から他店の情報を聞き出すと、他店は20万円程高かったそうです。

つまり金額の差はコーキングの金額と推測できます。実際この個人塗装店のコーキングを確認した所、ヒビ割れの入っている箇所にアクリルコーキングを擦り込んだ完璧な手抜き工事でした。

◆ 一式の闇
価格競争の激しい現在に、目先の仕事を欲し、安く演出する見積もりは今も溢れています。素人だから分からない。を理由に用いる一式の闇。異常な安さには裏が必ずあります。契約すら無いO様は、結局どうする事も出来ず、今回弊社で打ち替えの依頼を頼まれました。

今回の闇。実際弊社も相見積もりの際、この手口の業者を多く見かけます。結果は見えているのですが、予算も大切なお客様には響かないのも悲しい現実です。今記事を読んでいるアナタにも、今日闇は訪れるかもしれません。人は闇と隣り合わせなのです。ククククククッ。

avatar
次回の闇はアナタのお家かも。。

PAGE TOP