No.3 下塗り作業

吉岡塾top

avatar
おはようございます。姫路も梅雨入りですね。カッパ着て自転車通勤の吉岡です。

さて、洗浄、養生を経ていよいよ塗っていきますよー!!!下塗り!!!

下塗り???

そもそも外壁塗装において塗る作業は3回あります。

1.下塗り
2.中塗り
3.上塗り

(中塗り・上塗りは同じ塗料を2回塗る作業ね。色付け作業)

外壁塗装でいう下塗り作業は、中塗りと、上塗りの付着をよくする働きがあります。

ざっというと、糊と同じ役割なのです!

また、下塗りをすることによって、吸い込みを止め、塗料の仕上がりをより均一にする効果もあります。

avatar
ほうほう、化粧でゆうとファンデーションの前の下地ってことね。

(日本よ、女性はいろいろ大変なんです)

■ これだけは覚えろ!下塗の種類

この2種類は見積もりに必ず出ますので、覚えておきましょう。

1.シーラー
2.フィラー

種類により、効能が違いますので、壁の状態によって下塗りを使い分けます。

1.シーラー

色 : 透明or乳白色
肌触り : サラサラ
属性 : 水性or溶剤
効能 : 中塗りとの密着性を高める
1㎡の塗布面積 : 平均80㎡
用途 : チョーキングの壁に使用

2.フィラー

色 : 白
肌触り : ドロドロ
属性 : 水性
効能 : 中塗りとの密着性を高める / ヒビ割れ防止
1㎡の塗布面積 : 平均40㎡
用途 : ヒビ割れの多い壁に使用

1㎡の塗布面積が2倍近く差がある事により、シーラーより、フィラーの方が1㎡に付着する量が変わる。つまり、フィラーの方がシーラーより2倍厚みが着くのです。これにより、ヒビ割れにも強くなる、吸い込み効果が高くなると言える。

avatar
フィラーは高保湿タイプやな!!!冬とか顔面がさがさで荒れ放題やから、どろっとした高保湿タイプの化粧水使うもんな!!!

(日本男子よ!女性はいろいろ大変なんです。)

お家の外壁も私たちの顔みたくメンテナンスしてあげないとですねー。

PAGE TOP