オリジナル塗料は信用していいのか?

オリジナル塗料。
この言葉を皆さんは聞いた事ありますか?たまに姫路市内で営業を行なっていれば、外壁工事の見積もりに聞いた事も無い材料名を、お客様から比較して欲しいと依頼があります。カタログを見させて頂くと、脅威の耐久性!40年も安心!など、かなり驚く内容に。

このオリジナル塗料は、会社で作っているの?聞いた事の無いブランドだけど大丈夫?

本日は、オリジナル塗料について書いてみたいと思います。

どこで作っているのか?

外壁塗料の会社は全国でいくつかあります。有名な会社でしたら、日本ペイント、SK化研、関西ペイント、、、それぞれ各会社に得意分野に特化していたり、オリジナルの路線で勝負をしたりと、どの会社の商品が良いなんて断定はできません。弊社の場合、ロックペイントの塗料を使用したり、日本ペイントだったりと、長い年月使用し、問題のあるシリーズの塗料は使わないようにしたりと、工夫をしながら商品の提案をいたしています。

大手メーカーの塗料でしたら、お客様も安心して頂けますが、オリジナルペイントとなれば、その会社しか使用出来ないので、弊社も実際に塗装した経験も無く、他店の塗料との違いが分かりません。しかし、通常の外壁会社では、塗料を作る事は不可能であるもの事実です。ではどこで作っているのか。

答えは塗料メーカーなのです。

オリジナル塗料の実態

実は、塗料メーカーでは、契約をする事で缶の制作から、ラベルの張り替えまでもしてくれるのです。つまりA社と同等の商品でも、ラベルを変えオリジナル塗装にする事が出来るのです。これがオリジナル塗料と言われる商品の実態なのです。
つまり、基本的にオリジナル塗料は、通常の塗料メーカーで使用している材料と同じであり、なんら変わりの無い塗料であると言えます。

メーカーを超える塗料は無い

この話で一番大切になってくるのは、メーカーの開発している塗料をお超える塗料は無いという事です。たまにオリジナル塗料のカタログを見させて頂いた時、かなり耐久性の高い数値を書いていたりします。しかし、制作は各塗料メーカーで制作していますので、メーカーを超える塗料の販売は無いのです。

まとめ

もし貴方が外壁塗装工事を考えている時、営業の方にオリジナル塗料をオススメされた時、良い材質なのかも知れません。しかし他社メーカーの商品と比べた時、耐久性が異常に高いなど、都合の良い事が書かれている場合は、一度考え直してみてもいいかもしれません。その塗料は、通常の塗料メーカーが制作しています。それを超える商品はありません。

PAGE TOP