屋根塗装は何年持つのか?遮熱で長持ちするのは本当?〜 Part2 〜

前回のPart1では、屋根塗装の耐久年数の目安は壁の1/2程度であると、解説いたしました。今回は遮熱効果を加える事で長持ちに繋がるのかを解説したいと思います。

と 、その前に遮熱の効果が解らない方の為に軽くおさらいを、、、

そもそも遮熱塗装って何?

従来の屋根、壁塗装には、防水機能はあっても遮熱機能の力はありません。その為受けた日差しの熱力が全て外壁に蓄積されるのです。例えば夏場の場合屋根の温度は60℃〜70℃程度まで温度が上がると言われています。もちろん、その温度全てが住宅の中に伝わってくるわけではありませんが、この蓄積された温度が住宅の中に徐々に伝わる事で、夏場の高温状態の部屋へと繋がっていくのです。

では、屋根や壁の受ける蓄積される熱量を軽減してしまえば、住宅に伝わる温度も変わるだろう!

と開発されたのが、この遮熱塗料になります。この塗料を使用すれば真夏の表面温度が60℃〜70℃程度になる屋根材も、蓄積熱量を減らし約-10℃〜-15℃程度表面温度の低下へと繋がります。屋根や壁の表面温度が変われば、室内に伝わる温度も軽減され、自然と住宅の内部の温度も下がってくるのです。現在出ているカタログの平均をみれば室内温度は約3℃程度下がるみたいです。これが遮熱塗料と言われる塗料の効果になります。

遮熱塗料は普通の塗料に比べて長持ちするのか?

「 遮熱効果もありますので、通常のシリコン塗料よりも長持ち致します。 」

この言葉は本当なのでしょうか?カタログを見た所通常のシリコン材に比べて長持ちするとは、どのメーカーも書いていません。しかし他社から出てきた、この言葉の真意を知る為に、この問題もメーカー直接電話してみる事にしました。

フナモ
遮熱効果のあるシリコンと、通常のシリコンを比べた時、遮熱効果のある材料の方が耐久性が高くなるのでしょうか?

屋根メーカー
いいえ。遮熱効果があるからと言って耐久性が上がる事はありません。同じ耐久性ですね。

話を進めていけば、どうやらこの手の質問は非常に多いようです。屋根の蓄積温度が低下する遮熱塗料の方が塗料そのものが痛まないと塗り替え業者が勝手に判断しているようです。しかし外壁材は温度により劣化を伴うのではなく、紫外線(大まかに言えば)により、表面層が破壊されるので、劣化に繋がります。なので、遮熱であれこの事は同じなのです。

まとめ

今回の質問で、屋根材の耐久性は壁材の1/2程度であり、遮熱効果があるからと言って耐久性が強くならないと、メーカーからの答えが帰ってきました。

「 弊社の見積もりで出している屋根材は、フッ素ですので15年程度長持ちします。」

「 遮熱塗料となっていますので、通常のシリコン材に比べ強いです。」

これらの言葉は、塗り替え業者の思い込みであり、真意とは言えません。もし仮に業者からこの様な言葉を聞いた方は、一度考え直してみた方が良いかもしれません。目の前の利益だけを考え、本当に材料の事を知らない営業の方なのかも知れません。

PAGE TOP