姫路の塗装業者が簡単解説!屋根塗装のタイミング!

屋根は家を守る大事な部分であると同時に、日々様々なダメージを受けている部分でもあります。

そんな屋根を定期的にメンテナンスすることは、家を長く維持するために必要なことです。

今回は、そんなメンテナンスの1つである屋根塗装を行うタイミングについてお話しいたします。

■目安は10年

ストレート瓦、セメント瓦、金属屋根は、それぞれ耐用年数は異なりますが、どれも10年を目安に塗り替えが必要であるといわれています。

屋根は、直射日光や雨風の影響を最も受ける部分です。

したがって、その分劣化も早くなってしまいます。また、塗料が劣化することで防水機能も低下し、雨水が内部に浸透してしまう恐れもあります。

室内での雨漏りはなくとも、屋根裏で雨漏りが進行して柱を腐らせることもあります。

それらを防ぐためにも、10年を目安に塗り替えを行った方がいいでしょう。

■屋根の劣化

屋根の劣化も塗り替えの一つの目安とすることができます。

瓦の滑落、棟板金の浮きや釘抜け、漆喰の劣化や剥がれは、早急なメンテナンスが必要な状態です。

屋根に苔や藻が発生している、瓦の反りやひび割れなどの状態は、今すぐではありませんが早めのメンテナンスが必要です。

いかがでしたか?
今回ご紹介したことを参考に検討してみてください。

PAGE TOP