屋根塗装をお考えの方必見!屋根の色選びで知っておきたい3つのこと!|姫路の塗装業者・フナモコーポレーション

屋根塗装をしようと思ったときに、塗装の色で悩む方は多いのではないでしょうか?

そんな方のために、今回は屋根の色選びで知っておきたい3つのポイントについてお話しいたします。

■グレー系、ブラウン系が人気

基本的に屋根の色は、少し暗めの色を選ばれる方が多いです。特に近年人気のある色は、薄めのグレーや暗めのブラウンです。

色が暗すぎると重苦しい印象をあたえてしまいますが、これらの色は適度な抜け感を演出してくれます。

■白っぽい色は遮熱・断熱効果が高い

白に近ければ近いほど日射反射率(日光を反射する割合)が高くなり、遮熱・断熱効果も高くなります。

例えば、真っ白に近いクールホワイトという色が91.0%なのに対し、クールネオサファイアブルーという少し暗めの青色になると43.0%にまで日射反射率が低下します。屋根の日射反射率が低いと、日光の熱で部屋の温度が上がりやすくなってしまいます。

したがって、白っぽい色の方が夏場の光熱費を抑えることができます。

■暖色は「暖かい」、寒色は「クール」

赤っぽいブラウンやオレンジなどの暖色は、見る人に暖かいアットホームな印象を与えてくれます。

逆に青や紺などの寒色は、クールな印象を抱かせます。

このように、屋根の色で見る人の印象を左右することができます。

いかがでしたか?
人気色だけではなく、色の効果や印象なども考慮して選んでみてください。