姫路のフナモが簡単解説!3分でわかる屋根塗装の必要性!

「本当に屋根塗装って必要なの?」
そう疑問に感じていらっしゃる方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?

その疑問を解決するために、今回は屋根塗装の必要性についてお話しいたします。

■屋根材を保護

まず、塗装することで屋根材を保護することができます。

屋根は毎日紫外線や雨水などの様々なダメージを受けています。

それらが蓄積されていくと屋根材自体の劣化が早まってしまいますが、屋根塗装はそれを防いでくれます。

しかし、塗装していても受けるダメージが大きいので、5~15年に1回程度の頻度で塗り替えを行う必要があります。

■家を保護

屋根塗装は、屋根を守ってくれます。そして、その屋根は家を守ってくれています。

つまり、屋根を保護するということは、家を保護するということにもなります。

屋根が劣化した状態で長期間放置していると、雨水などが家に浸透してカビや腐食を引き起こしてしまいます。

家を長期間良い状態に保つためにも、屋根塗装は欠かせません。

■長い目で見てコストを抑えることができる

屋根塗装は決して安くないですが、長い目で見ると費用を抑えることができます。

上でも述べたように、塗料の劣化は屋根材の劣化、家の劣化を招きます。

その結果、塗り替えだけで済むはずだったのに、葺き替え、雨漏り工事、家の建て替えと大掛かりな工事と莫大な費用が必要になってしまいます。

その負担を考えると、定期的な塗り替えの方が時間も費用も抑えられるといえます。

 

いかがでしたか?
屋根塗装の必要性を少し理解していただけたのではないでしょうか。

いま、塗り替えが必要な方は、ぜひ一度当店へご相談ください。

PAGE TOP