「黄」はコミュニケーション色?~色の持つ不思議な力~

黄色を見るとひまわりや太陽を連想される方も多いのではないでしょうか。
ひまわりの花言葉は憧れ、愛慕、光輝などポジティブな言葉ばかりです。太陽も古来から神や希望として崇拝されるように、希望に満ちた存在とされてきました。
このように黄色は、ポジティブなイメージと結びつく色です。今回はそんな黄色が私たちにどんな影響を与えているのかお話ししようと思います。

コミュニケーションが円滑に

黄色には知性を高める効果があると言われています。これは黄色が左脳を刺激するためで、左脳は言葉の理解と大きく関係しています。
そのため、人の話を理解したり、書類や本の内容などを理解するのに一役買ってくれます。
例えば部屋を黄色で彩っていると、お互いの頭の回転が速くなって非常に話が弾みます。人前で話すのが苦手という方も話しやすくなるので、黄色の力を借りるのも一つの手でしょう。

食欲の刺激

マクドナルドのイメージカラーは赤と黄色ですが、これは食欲増進効果を狙って採用したと言われています。黄色に限らず暖色系の色は、消化器系などの神経に作用して食欲を高める効果があります。
食卓に黄色などの暖色系を取り入れれば、今以上に美味しい食卓を囲むことができるでしょう。
また、消化器系に作用することから便秘にも効果があると言われています。

黄色を取り入れた塗替え工事


この物件の記事を見る(現在作成中)

外壁材でも黄色を選ばれる方は非常に多く、特に薄めのアイボリー、クリーム色は和風、洋風共に映える色であり、経年劣化の一つであるチョーキングの色差を押さえてくれる効果もあります。

また、色の心理学効果の一つである、ポジティブをイメージする方も多く、

「 お家を明るく見せたい。 」

これを理由に選ばれる方も非常に多いです。実際黄色を塗装し終われば、多くのお客様も「 気持ちが良い 」と喜んで頂けます。

黄色の配色パターン

■ 黄色×白色( 黄色を目立たせたい場合 )

■ 黄色×茶色( かわいい感じにした場合 )

■ 黄色×オレンジ( 暖色系にしたい場合 )

まとめ

黄色い壁はイメージだけでなく、効果もポジティブなようです。外壁にも黄色を取り入れることで、毎日楽しくポジティブな毎日を過ごすことができるのではないでしょうか?また、家族を温かく守るお家。暖色系の黄色は、家族円満に欠かせない色とも言えます。

ぜひ、この機会に黄色を取り入れた、外壁塗装工事も視野に入れてみてはいうかがでしょうか?

PAGE TOP