実は得する!?防水工事をきっちりして莫大な出費を抑えよう!

皆さんの中に防水工事の一般的に行った方が良い頻度は知っていますか?

おそらく知っている方は少ないかと思います。そこで今回は「防水工事」についてご紹介させていただきます。

・防水工事を行う頻度って?

防水工事を行う頻度は、5~10年が最適だと言われています。理由としては古くなってしまう前にきちんとメンテナンスをするためです。

20年も放っておくと雨漏りや屋根の内部が腐食してしまった場合、屋根をはがしたり、雨漏りの場所を見つけるのに余計に出費がでかくなります。

そう言った出費を抑えるために5~10年が一番最適かと思います。ですが住んでいるタイプの家や、大きさによっては一概に年数の指定ができませんのであくまで一例としてお考え下さい。

・放置することによって起こるであろうトラブル

防水工事をせずに住宅をずっと放置していると、建物の内部に雨水が染み込んでいく可能性があります。

そうなると建物の内部が腐ってしまったり、シロアリが集まってしまったりと良いことは起こりません。

そうならないためにも防水工事はしっかりしておきましょう。

いかがでしたか?

屋根の修復と同時に外壁のリフォームをするとその分、足場代の料金が浮くことがあります。

ですので一度防水工事をお考えの際は外壁工事考えてみてはいかがですか?