色が変わる? 外装塗装の際の注意点 ~色の選び方のコツ 面積編~

みなさんこんにちは!
家の外装にヒビが…、水漏れするし、そろそろ外装を塗り替えよう!と思っている方に、注意してほしい色選びのポイントを今回は色の面積に注目してお伝えしていきたいと思います。

◇大きさによって色の見え方が変わる?

色選びの際にサンプルを見て色を決定すると思いますが、安易にサンプルだけを見て決めることはお勧めしません。

「面積効果」というものがあるからです。

これは、同じ色でも小さい面積だと暗く見えて、大きい面性だと明るく見えるというものです。なので、選んだ色より実際に塗装したときは色を薄く感じてしまいます。

◇色選びのポイント

ここでは面積効果によって色が変わることに対応するため、少し濃い色を選ぶことがポイントです。

色選びの際に濃い色を選んでおくことによって実際に塗装した際に明るく見え、イメージに近づくことが考えられます。

 

いかがでしたか?
外装は家の顔ともいえる大事な部分でお住まいの印象を決めてしまいます。

自分のイメージに近づけるため、このポイントを参考に悔いのない色選びをしてくださいね!

PAGE TOP