意外なあの色も…。「汚れが目立ちやすい色」とは

外壁塗装の色を考える際にやはり気になるのは「汚れやすさ」ではないでしょうか。
色によっては外壁についた汚れが非常に目立ってしまったり、色褪せが起こりやすいなどの特徴を持っています。

今回は外壁塗装で要注意な汚れが目立ちやすい色についてご説明します。

・黒
黒といえば汚れが目立ちにくい印象をお持ちかもしれませんが、実は非常に汚れが目立ってしまう色のひとつです。
光を反射しないため、確かにキズや擦れなどは目立ちにくいのですが外壁の上から付く汚れには砂埃やクラッキングという塗膜の劣化でつく汚れが多く、これらの汚れは「白色」のため対極の黒色の上では非常に目立ってしまいます。

・白
白といえば清潔な印象ですが、こちらも黒同様汚れが目立ちやすい色の代表格です。
砂埃などの白っぽい汚れは目立ちませんが、外壁につくサビや車などの排気ガスによってつく色味を持った汚れはすぐに目についてしまいます。
こちらは白いシャツなどについた食べこぼしなどが目立つことからも想像できると思います。

・赤
原色に近い濃い色は総じて色落ちを起こしやすいのですが、その中でも赤は非常に色落ちを起こしやすい色といえます。
色褪せの原因である紫外線を赤は効率よく吸収してしまい、それによって色の分解が進みやすいことが原因です。
日光をよく受ける部分とそうでない部分で色に差ができやすくなってしまうため、非常に目立ってしまいます。