色によって色褪せが起こりやすくなってしまう?

塗装で塗られた色は、時間の経過とともに色が褪せて段々と薄くなってしまいます。
色褪せは目立ちますし、家の劣化を感じさせるため発見すると少しショックですよね。

雨水や湿気によって色あせが起こる場合もありますが、主な原因は太陽から発せられる紫外線です。
太陽から発せられる紫外線には色を分解する作用があり、外壁や屋根に塗られた塗料が長年紫外線を受け続けることで「退色」と呼ばれる現象が起こります。
残念ながら、防水加工などで対策のできる雨水などの原因とは違い、太陽光による退色は外壁や屋根が光を受ける限り防ぎようのない劣化現象のひとつです。

では外壁や屋根の色あせは塗り直すしか対処法はないのでしょうか?
実は、退色の起こりやすさは色によって変化し、塗装色の選択によっては色あせを起こりづらくすることが可能です。
今回は色褪せを起こしづらい配色についてご紹介します!

・原色などのハッキリとした色は退色が目立つ
赤、黄、緑などの原色に近い色は、波長の短い紫外線を吸収し色が分解されるため色褪せを起こしやすい色といえます。
ただし、原色の中でも「青色」は紫外線を反射するため退色を起こしづらく、長い間塗った時の色を持続させることが可能です。
町中でも赤色だけ退色し、青色は綺麗に残っている停止看板などを時々見かけますよね。

濃色の場合は対比で薄くなった部分が目立つだけでなく、紫外線をより吸収し、退色を起こしやすくなってしまいます。
そのため薄い色で塗装を行えば色褪せを目立たせず長い時間綺麗な外観を保つことが可能といえるでしょう。