シックな色ってどんな色? シックを色調で考えよう

「シック」とは、「オシャレで気が利いている」ことを表すフランス語からできた言葉です。
シックな家と聞けば、多くの人が「落ち着いた色合いでオシャレな雰囲気の家」を想像されるでしょう。

今回は、そんな「シック」をどのように表現するかについて、ご紹介します。
「シックな雰囲気が好き」という方は、ぜひ参考にしてください。

・グレーのグラデーションにダークレッドを加えた知的な「シック」
ライトグレーを中心に、彩度の低い寒色などを加えることで都会的でクールな印象を作ることが出来ます。ここに深みのあるダークレッドをポイントカラーとして用いることで、上品で知的な色合いに見せることができます。

・グレー、ブルー、ラベンダーのグラデーションでオシャレな「シック」
明度が高く彩度の低い、ペールトーンのグレー、ブルー、ラベンダー色をそろえることで、洗練さを表すことができます。寒色だけでなく、ほどよいラベンダー色をワンポイントに、オシャレなイメージを演出しましょう。

お家のデザインに「オシャレさ」「知的さ」をお求めなら、シックな色合いはピッタリです。
メインカラーのグレーと味のあるワンポイントカラーを組み合わせることで、洗練されたシックな雰囲気を演出してはいかがでしょうか。