エレガントな色ってどんな色? エレガントを色調で考えよう

「エレガント」とは、「優美な」「上品な」という意味を持つ言葉です。
女性らしく繊細な色合いが特徴なため、「家の外観はエレガントにしたい」と考える方も多いです。

今回は、そんな「エレガント」で家の外観をどのように表現するかについて、ご紹介します。
「エレガントな雰囲気が好き」という方は、ぜひ参考にしてください。

・彩度の低い暖色とグレーで優美さを演出した「エレガント」
彩度が低く落ち着いた赤っぽいピンクやオレンジ、ヌーディな印象のベージュを用いることで、優美で女性らしい雰囲気を、落ち着いた色で表現できます。
グレーをあわせることで、更にしっとりとした、優雅な色合いに見せましょう。

・ペールトーンの紫や寒色をベージュと組み合わせた上品な「エレガント」
古来から日本で「紫」が高貴な色とされてきたように、ところどころにペールトーンの紫を用いることで、より上品さを示すことができます。
無機質にならないように、あたたかみのあるベージュを組み合わせることで、奥ゆかしい色合いを作り出しましょう。

お家のデザインに「優美さ」「上品さ」をお求めなら、エレガントな色合いはピッタリです。
コントラストを押さえた色合いで、奥ゆかしくエレガントな雰囲気を演出してはいかがでしょうか。