キュートな色ってどんな色? キュートを色調で考えよう

キュートな色と聞くと、可愛らしくて、あどけない感じの色合いを想像する方が多いと思います。
けれど、キュートな色合いは子どもっぽ過ぎるし、家の外装にはちょっと…と思っていませんか?

今回は、そんな「キュート」をどのように家の外装で表現するかについて、ご紹介します。
「キュートな雰囲気が好き」という方は、ぜひ参考にしてください。

・ベージュピンクであたたかい優しさを表現する「キュート」
家の外装によく用いられるあたたかいベージュや、甘い木の色を表現したキャメル色を薄いベージュピンクと組み合わせることで、自然な温かさを表現できます。「キュートな家なんて周囲の景観と合わないんじゃ…?」と思われる方も、この色合いならチャレンジしやすいでしょう。

・イエローとグリーンをプラスしてハツラツとした明るさを表現する「キュート」
先ほどお伝えしたベージュピンクに、鮮やかで明るいイエローやグリーンをプラスすることで、ピンクを多く用いなくても、明るく元気なキュートさを表現できます。外壁の色合いをベージュなどの地味なものにして、アクセントに鮮やかな色をいれてもいいですね。

お家のデザインに「明るさ」「元気さ」をお求めなら、キュートな色合いはピッタリです。
薄いベージュピンクを他の色と上手に組み合わせて、甘すぎず優しさのあるキュートな雰囲気を演出してはいかがでしょうか。