モダンな色ってどんな色? モダンを色調で考えよう

「モダン」とは、「新しい」「近代的」という意味を持つ言葉です。
例えば、近代から現代にかけてのアートをモダンアートといったりもしますね。

最近では「モダン」という言葉に「洗練された」「スタイリッシュな」という意味も含まれてきたため、「家の外観をモダンにしたい」という考えも広まっています。

今回は、そんな「モダン」をどのように表現するかについて、ご紹介します。
「モダンな雰囲気が好き」という方は、ぜひ参考にしてください。

・コントラストのハッキリした寒色の表す「モダン」
モノトーンに、彩度の低い紺、紫などを組み合わせると、まるでロボットをイメージさせるようなモダンな配色を作ることが出来ます。
色合いを全体的に渋くし、明度の低い色と高い色を組み合わせることで、コントラストのはっきりとした、無機質なモダンを演出しましょう。

・モノトーンに青・緑をプラスした爽やかな「モダン」
モノトーンの色に、彩度のハッキリとした青や緑、ペールトーンの寒色を組み合わせることで、爽やかで未来的な色調にすることができます。
「もうすこし色がほしいな。鮮やかな色がワンポイントにほしいな」と思ったら、この組み合わせにチャレンジしてみましょう。

お家のデザインに「近代的さ」「スタイリッシュさ」をお求めなら、モダンな色合いはピッタリです。
コントラストのはっきりさせた寒色で、モダンで知的な雰囲気を演出してはいかがでしょうか。