お家の表情を決める「窓」。掃除しないとくすんだ表情に・・・

お家を建てたときにデザインを綺麗にしても、どうしても経年で建てた当時よりは劣化していきます。
ただお家のデザインは大がかりなので、見栄えが少し悪くなっても綺麗にするのは腰が重い、なんてこともあるのではないでしょうか?
そんなときは、まずはすぐに手のつく部分から始めましょう。
簡単に始められる部分で、意外と印象に関わるのが「窓」です。窓はお家の表情に関わってきます。

・汚れた窓は、光を反射しないので思った以上に汚く見えてしまう
窓が汚れていることによって一番変わるのは、「窓の光の反射」です。
透明な窓は、太陽の光を受けると反射してピカッと光ります。窓が光り輝いているだけでも家の印象は全く違います。
光があれば外壁が劣化していても、光に目がいくので綺麗に見えます。

 
窓が汚れてくすんでいると、汚れによって光を反射せずに汚れていることがさらに目立ちます。
そうなると窓に目がいってしまい、「普段から掃除もせずにほったらかしなのかな」と日常生活までも悪い印象を与えてしまいます。
そういったお家の印象を左右するのが窓の綺麗さなのです。
お家の印象を必要以上に落とさないためにも、窓は綺麗にしておきましょう。
次回は具体的な窓掃除の方法についてお話しします。