統一感と色の変化を両立したいなら!~類似色相配色~

「統一感は失いたくないけど、少し変化のある色合いがいいな」という場合は、この配色方法が合っています。
この配色方法は同一色相配色と同じくまとまりのある色合いになりますが、より色の変化を楽しめる遊び心のある配色となります。

・色相が隣、あるいは近い色相を組み合わせる
例えば、虹の隣同士の色を組み合わせると類似色相配色になります。このように色相的に近しい色を使うことによって色同士の反発を防ぎつつ、かつ色相が異なることによって色の変化も楽しめる色合いになります。

 
この配色は統一感を失わないので失敗が少なく、ちょっと色使いの冒険を楽しみたい人にオススメです。
まずは色相環を見てお気に入りの隣り合あう色合いを見つけ、その彩度・明度を調整してイメージに合うバランスを見つけましょう。
色相の組み合わせ・色調を両方選ぶことができるので、こだわりが強い人でもお気に入りの組み合わせを探すことができます。選ぶこと自体が楽しい方も楽しめるかもしれませんね。

この配色方法はリスクを少なく色の変化を取り入れることができるので、「今まで単色にしていたけど、カラフルなお家もいいかなあ」と思っている方も試してほしい配色です。
せっかくのお家のデザイン、一度変化を楽しんでみるのも良いのではないでしょうか。