色のイメージをはっきり伝える配色法!~同一色相配色~

色の組み合わせの中でも、例えば「青の涼しいイメージをはっきり伝えたい!」
「赤の暖かいイメージを強く伝えたい!」
というように、「ある色の持つイメージを、しっかりと伝える色合い」を出したいなら、「同一色相配色」がオススメです。

・同じ色を、「明度」と「彩度」を変えて組み合わせる
この配色は、例えば青なら明度を変えた水色と、彩度を変えた淡い青を組み合わせる、という配色方法です。
この配色は同じ色相(青・赤など)を使うので、統一感を損ねることがありません。

 
また色相が統一されていることで色が示すイメージをはっきりと伝えることができます。
「青が好きだけど、青をオシャレに見せる方法はないかな?」
「明るいイメージの黄色を使いたいけど、単色だと目立ち過ぎないかな?」
といった悩みをお持ちの方にはぴったりです。好きな色・表現したい色のイメージは保ちつつ、例えば片方の明度下げて単色よりも柔らかく表現したり、二色とも彩度を下げて、明度に差をつけることでシックに表現することができます。

この配色は好きな色がはっきり決まっていて、それをさらに一段階オシャレにアピールしたいときにうってつけです。
一色だと選択肢は多くありませんが、同じ色相の二色を使うことによって選択肢がグッと増え、オリジナリティのあるお家にすることができます。
お家の色選びにお悩みの際は、オシャレにお家を言踊る選択肢の一つとしてお使いください。