デザインの基本4原則から学ぶ外観の作り方“整列”

今回はデザイン4原則の中の、「整列」についてお話しします。
整列は簡単に説明すると、「基準線に合わせて並べる」ということです。例えばこの記事は左揃えになっていますよね。これは「左」が基準線だということです。
今回は外観にこの「整列」をどのように生かすかを考えていこうと思います。

・物は「真ん中」で揃えない
人は綺麗に並べようとすると、「真ん中」で揃えてしまいがちです。しかし、真ん中揃えの問題は「基準線が見えない」ことです。
全く同じ大きさなら構わないのですが、違う大きさの物を真ん中で揃えると、左右の「余白」がバラバラになります。
こうなると揃っているように見えるどころか、なにか整合性が取れていないように感じてしまうのです。
真ん中で揃えるよりも、右か左に揃える方が片側の余白が統一されて綺麗に見えます。

・「余白を揃える」のが肝
上記で示したように、ここでも大事なのは「余白」です。余白が不揃いだとすごく不揃いに見えます。
デザインにおいて余白は非常に大事な要素です。
「近接」では余白を作ることが大事でしたが、ここでは余白をなるべく揃えることが大事です。大きさが違えば両方揃えるのは物理的に不可能ですので、ここでの最大である50%を揃えることが最善なのです。

「強弱」に続く