外観は「なんとなく」で作ってはいけない!~デザインとは何か~

お家で外観を綺麗にしようと思った時、皆さまはどんな風に外観を決めておられるでしょうか。
「なんとなく良さそうな感じにする」
「センスがないからわからない」
こういった方は非常に多いと思います。

確かに、デザインはセンスが良くないとできないというイメージは未だ根強いので仕方がないと思います。
しかし、実はデザインは個人のセンスに依存しているわけではなく、ちゃんとした理論、つまりルールがあります。
例えばデザイナーの方々がデザインをするとき、「なんとなくかっこいい」という感覚ではやっていないでしょう。「ここをこうすると、かっこよくなる」と考えてやっているはずです。そうでなければ再現することができず、仕事にすることはできません。

現代においては、デザイナーの考え方やルールが徐々に体系化されて、私たちでも利用できるようになってきています。
デザインの世界は非常に奥深いので、すべてを学ぶことは時間的に難しいと思います。
しかし、基本を押さえるだけでも見違えるように綺麗な外観を作ることができます。
今回はルールをちゃんと知って、「なんとなく」ではなく「ここをこうやって」外観を美しくするお手伝いができればと思っています。