外壁塗装と色について

家の外壁塗装が剥がれてきた、外壁塗装が痛んできた。
外壁の工事をしなければいけない。

でも、せっかくなら家の外壁の色について考えたい。
でも “色は” どうしようという悩みはありませんか?
今回は外壁塗装の際、何気に気になる外壁の色についてお話していこうと思います。

色を選ぶ時にいくつかポイントを説明したいと思います。
もちろん好きな色を選ぶ事が大切であります。
しかし、外の色、塗る面積が大きくなりますので、ある程度知識も必要になってきます。
今回は少し外壁に適している色についていくつかポイントを説明したいと思います。

■ 濃い色

真っ黒にしてほしい、濃い茶色でまとめて欲しいと良く依頼があります。
濃い色は上手く仕上げれば、モダンにもなり、かっこ良くもなります。
しかし、色は、必ず色あせが起こるものです。
また、外壁材はチョーキングと呼ばれる壁が白くなる現象がつきものです。
薄い色を選ぶ際は多少、色あせ、チョーキングが起きても気にならないのですが、
濃い色の場合、色あせした部分と、色あせしていない部分のが大きすぎるので、
薄い色と比べると、数年後の美観に差が出てきます。
それを解決するには、色あせしにくい、チョーキングを抑えてくれる材料の性質を利用するのです。
※ 濃い色をしたい方は材料の性質を利用した、ラジカル塗料をオススメしています。
ラジカル塗料について【記事】

■ 原色( 赤、黄色、青、黒 )

これも濃い色と同様ですが、住宅に赤、青、黄色、と原色を仕様する事にいくつか注意点が必要です。
洋風に合う色でもありますので、しっかりと把握して下さい。
ここで注意したのが、鮮やかな色
鮮やかな色がくすんだ場合、濃い色と同様、鮮やかな部分と、くすんだ部分にが出ます。
ただ、近年洋風に合う色であり、上手くまとめればワンランク上のオシャレな配色にもなります。
その為に、鮮やかな色をわざとくすました色にすれば、この問題は解決されるのです。
例えば、青の場合、白と黒を入れたブルーグレー。
黄色は、白色を入れた、少し彩度の落とした色に。
黒色は、白を混ぜた濃いグレーに。
赤色の場合、黒と白を入れ、茶色寄りにする、もしくは白を入れピンクにする等。
しかし、赤色の場合、系統が難しいので、住宅には適していない色と弊社では判断しています。

■ 真っ白

真っ白がいい!
この意見も多い質問ですが、外にある以上排気ガス、雨。
黄砂等、白色を常に汚す理由が日常には多いです。

塗った時は凄く奇麗でありますが、3年もすれば、窓の汚れを拾い雨垂れがスーッと流れたような形が見えてきます。
なので真っ白は避ける方が良いです。
また白を選ぶ対策として、少し黄色を入れる。薄いグレーに仕上げる。
これをすれば、汚れを誤摩化す事が出来るのです。
ただ、それじゃ白く見えないのでは?と思うのが普通です。

その為に人間の目の錯覚を利用するのです。
例えば屋根が黒色、壁が白とした場合、白い部分は、単体で見るよりも白く見えます。
また、面積効果と言い、大きな面積を塗装すれば、少し薄く見えます。
この性質を利用して、真っ白に誤摩化す方法を選択していくのです。

また、以前の記事でも書いたようにシュミレーション機能を利用すれば、より好きな色、配色を選ぶ事も出来ます。
シュミレーション【記事】
さらにこのような助言をすれば、必ずイメージした良い色を選ぶ事が可能なのです。

また、塗装店にもよりますが、全くの助言もなく、カタログを見せ、この中から好きな色、
これしか色が無い。等お客様の選択肢を狭める業者も多くいます。
これは、在庫処分を考えている場合があり業者の都合の良い様にしているケースがあります。
この様な業者には十分注意が必要です。