外壁の劣化を見分けるポイント

以前、外壁の劣化について少し紹介しました。
今回は、外壁の劣化を見分けるためのポイントを紹介します。

まずは、壁を触ってみてください。手に白い粉は付きませんか?
もし、白い粉が付くようでしたら、それはチョーキング現象と呼ばれる劣化のサインの一つです。

チョーキング
↑チョーキング現象

チョーキング現象とは、白亜化とも呼ばれ、主に紫外線や熱、水分などによって塗装表面の樹脂が劣化して塗料に含まれている顔料が表面に出てきてしまうことによっておこります。チョーキング現象が見られる外壁は水密性や密閉性が失われている可能性があるので、外壁塗装を考えるタイミングの一つと言えるでしょう。

次は、ひび割れです。
外壁のひび割れの要因には様々なものがあり、経年による劣化が原因のものと、不適切な作業によるもの、地震や地盤沈下などの自然現象によるものなどがあります。
ひび割れが大きくなってしまうと、壁の内部に水分が入ってしまう原因になってしまいます。こまめに確認しましょう。

ひび割れ
↑ここまで大きくなると、非常に危険です。

3つ目は、カビやコケです。
日の当たりにくい北側の壁などに出来やすくなるものです。影になる部分が黒くなってしまっているのであれば、確認してみましょう。
特にカビは壁の中奥深くまで根を張ります。その根を伝って壁の内部や家の基礎まで水分が入ってしまうので注意が必要です。

コケ
↑コケは、条件にもよりますが、外壁の痛みが原因で発生します。また、家庭用洗浄機で除去する方も多くなっていますが、逆に外壁の防水層まで傷付け、チョーキングを早めます。

これらの3つが、外壁の痛みを判断する基本的な症状です。
この中で2つでも当てはまるのなら、取り返しの付かないウチに外壁塗装をご検討頂いた方が良いです。
一度チェックしてみてはいかがでしょうか。