外壁と一緒に塗装しておきたい箇所

外壁塗装といわれると、壁のみの塗装を思い浮かべる方も多いかと思います。
しかし、家の中に塗装が必要な箇所は他にもあるのです。
10〜20年に一度の塗装の塗り替えですから、やれるところは同時にやってしまいたいですよね。

今回は外壁塗装以外の塗装箇所について書いていきます。
その塗装が必要な部分の一つとして、雨戸やシャッターが挙げられます。
外壁と同じく、雨戸やシャッターは雨の日も風の日もたとえ晴れていても外気にふれ、ダメージが蓄積されています。
そのため、外壁と同様に劣化してしまうことは想像に難くないでしょう。
※ シャッターの場合、巻き込み時傷が付く事がありますので、了承を得てから塗装を行います。

ですので、外壁のみをきれいにしてもそういったところの汚れが目立ち、結果的に汚く見えてしまうということもあるのです。
また、雨樋(あまどい)や庇(ひさし)なども同じくダメージを受けているます。

足場や養生など塗装する環境が整っているのであれば、一緒に塗装してしまうのが一番です。

ちなみに、塗装において塗装可能、不可能がありますので詳しくは、下記の表を確認してみて下さい。

塗装一覧表