外壁塗装をするのに近隣への挨拶は必要ですか?【A様の質問】

Q : 外壁塗装をするのに近隣への挨拶は必要ですか?【A様の質問】

 

A:必ず必要になります。

挨拶の問題は最初の問題であり、一番大切な問題です。工事を行えば日常が少し変化します。

外壁塗装の場合、足場を立てれば、隣のお家の方は日に当たりにくくなる。機械を使う作業では、騒音も問題視される。もちろん、低臭ではあるものの塗装を行えば “臭い” の問題もやってきます。

やはり、どんなカタチであれ、工事を行う以上最低近隣の方には挨拶は必要となります。そこで、近隣の方と揉めない為にも、最低限お客様にしてもらう事があります。今回は施工の際の挨拶について ポイントを詳しく説明します。

■ お客様自ら挨拶を行う
もちろん弊社側も着工1週間前には挨拶を行います。しかし、お客様もそれに合わせて挨拶をする、仕事で不在なら休みの日に行く等して下さい。近年では近隣の方との付合いも少なくなっている方も多いと思います。業者が挨拶に来たのに、お客様から挨拶が無い。となれば近隣の方もあまり良い思いはしません。

また、ここでは、お客様側は

今度工事をしてもらう事になりました。○週間程ですが、ご迷惑かけますが、よろしくお願いします。

と軽く伝えてもらうだけで大丈夫です。騒音、臭い等の問題のある日は、コチラ側が詳しく日程等を伝えるようにします。

■ 近隣の土地を利用する場合
建物の構造状、近隣の方の土地を利用せざる得ない場合があります。この場合、何故必要なのか、どのくらいの期間、どの部分が必要なのか等専門的な事は
弊社側が伝えるようにしています。しかし、他人の土地を利用する事は、かなり無理な注文にもなってしまいます。この場合、現金とまでは言いませんが、ある程度 ” 気持ち “ は必要になってきます。

■ 近隣の方が不在の時
挨拶に行けばよくある事が、不在の状況です。この場合、不在だから良いや。と言う訳ではなく、弊社側は工事の詳細を表記した手紙をポスティングするように致しています。そして、私共よりも会える可能性のあるお客様に後日挨拶をしてもらいます。私共も時間があり次第時間を変更しながら何度かチャレンジしてみますが、お家の方が帰宅するまで張込む事はとうてい出来ません。

また、夜遅すぎる訪問や、早すぎる訪問も迷惑になってしまいます。出来る範囲で努力はしてみますが、日中どうしても会えない事もたまにあります。しかし、業者でないお客様なら、多少遅くても会う事は可能になりますので、必ず先攻して挨拶だけはお願いしたいです。

以上、これら3つが最初にしてもらう大切な挨拶となります。挨拶で始まり挨拶で終わるのは、何事にも重要ですが、工事の場合、多少なりとも近隣の方に迷惑をかけています。必ず、業者任せにせず、挨拶を行うようにして下さい。

また、弊社の場合、近隣だけではなく、地域の皆様に迷惑をかけている事にもなりますので、細心の注意を払い、工事クレームが出ないように努力させて頂きます。
その為にも、少しご協力お願いします。
 

PAGE TOP